Top|日本|長野県|下諏訪町

下諏訪町立
今井邦子文学館
長野県下諏訪町
グーグルアース座標=N36 4 38.30 E138 5 19.80
地図地図
撮影日:2006/3/15
写真1
概要
  • 1890年(明治23)に徳島で生まれ、結婚して母になってから短歌をつくる歌人として活躍した。
    • 夫は衆院議員になった。
    • 母子保護運動、婦人参政権運動にも関わった。
    • 1948年(昭和23)、59歳で死去する。
      • 今井邦子文学館のパンフレットには年号は同じだが58歳で死去と、文学館内にあったNHK学園発行の『短歌春秋』の「今井邦子の歌と生」の記事のコピーには59歳で死去とあった。
  • 文学館が建っている所は、邦子の実家(祖母の家、両親は東京に出てしまった)があったところで、1995年(平成7)に開館した。
    • 実家は江戸時代から茶屋を営んでおり、邦子は祖母に育てられた。
    • 邦子が創刊した短歌雑誌の「明日香」社として長く使われていた。
  • 邦子は島木赤彦と巡り合うことによって新境地を開いた。
  • 討幕の志士、坂本龍馬は1867年(慶応3)に京都の近江屋で暗殺されたが、今井邦子の夫の父は、坂本龍馬を切った本人だと後に告白したという。
    • しかし、暗殺は誰が行ったかはいまだ不明となっており、公式には認められていないようだ。
  • 開館時間:9:00AM-6:00PM
  • 休館日:火,祝日の翌日,年末年始
  • 入館料:\220
  • 今井邦子文学館つのいいところ
    • 当時の茶屋を彷彿とさせる建物。
    • 今井邦子という人が誰か知らなかったが、明治から昭和にかけて情熱的に生きた息吹が伝わってくる資料がある。
    • 気さくな受付管理の人がお茶を入れてくれた。

■チケット

下諏訪駅
おんばしらグランドパーク
オルゴール博物館奏鳴館
諏訪大社下社秋宮
時の科学館儀象堂
今井邦子文学館

写真1

歴史民俗資料館

Top|日本|長野県|下諏訪町

■長野県下諏訪町立今井邦子文学館の情報、地図、概要

写真2:2階展示室