写真7

写真6:七夕の飾りと供え物

写真5:空穂の生家

写真4:愛用品や著作物などの展示

写真3:日本の家屋をイメージしながらも斬新なデザインの外観

Top|日本|長野県|松本市|旧・松本市域

■記念スタンプ

■チケット

Top|日本|長野県|松本市|旧・松本市域

写真8:生家の庭から (360度) >>拡大

窪田空穂記念館
くぼたうつぼ きねんかん
長野県松本市和田
地図地図
撮影日:2004/8/13
■館内に飾られていた七夕の紙雛
概要
  • 歌人、窪田空穂(くぼたうつぼ)の記念館と生家
  • 1993年(平成5)開館
  • 記念館は1995年(平成7)の第1回日本建築学会作品選奨を受賞
  • 窪田空穂(1877-1967)の略歴
    • 1877年(明治10) ここに生まれる。
    • 青年期の初めまで故郷で過ごす。
    • 20代になってから短歌を作り始め、やがて与謝野鉄幹に認められる。
    • 歌人として歌集を発表。
    • 早稲田大学教授として万葉集などの古典を研究。
    • 芸術院会員、文化功労者。
    • 1967年(昭和42) 91歳で死去。
  • 開館時間:9:00AM-5:00PM
  • 休館日:月曜日・年末年始休
  • 入館料:300円
窪田空穂に関する記事窪田空穂記念館の記事

写真2:ロビーの七夕の笹飾り

■長野県松本市窪田空穂記念館の情報、地図、概要