Top|日本|長野県|松本市|旧・松本市域

写真6:暮れゆく「すずらん通り」(西側から→東側から)

■長野県松本市浅間温泉の情報、地図、概要

浅間温泉
あさまおんせん
(観光名称:松本あさま温泉)
長野県松本市浅間温泉
グーグルアース座標(湯けむり公園)=N36 15 48.69 E137 59 24.22
地図地図
撮影日:P1,2,4,7,8,11,12=2007/8/9 P3,5,6,9,10=10/10/7
写真1
概要
  • 松本市の中心市街地に隣接した温泉地。
    • 御多分にもれず宿泊客の減少に悩んでいるが、活性策を模索している。(2007時点)
  • 「浅間」の由来。
    • 説1:
      • 浅間山(群馬県嬬恋村、長野県軽井沢町・御代田町)や阿蘇山(熊本県阿蘇市)と同じ語源で、ポリネシア語のような南方系の言語で、煙や湯気を意味する「asa(アサ)」や「asap(アサプ)」からなまった言葉。
    • 説2
      • この地が古くは「麻葉野(あさはの)」と呼ばれていたことから。
  • 歴史
    • 温泉の始まり
      • 939(天慶2)年(平安時代)に、この地の豪族が発見したといわれる。
    • 江戸時代
      • 初代松本藩主の「御殿湯」が置かれた。
      • 城主や臣下の武士たちの別邸が建ち並び、浅間温泉は「松本の奥座敷」と呼ばれるようになった。
    • 路面電車
      • 1924年(大正13)から1964年(昭和39)まで、松本駅前から現、湯けむり公園のある場所を結ぶ路面電車「松本電鉄浅間温泉線」が運行されていた。
  • 「浅間山」とは関係ない
    • 50km離れた長野・群馬県境にある活火山浅間山とは関係ない。
    • 浅間山が噴火すると予約客から「だいじょうぶか」と不安の電話がかかってくるという。
    • 2005(平成17)年、浅間山との混同を避けるため、観光名称を「松本あさま温泉」としたという。
  • すずらん通りの行灯形街灯
    • 2007年(平成19)春に6基が設置された。
    • 御影石の側面には、浅間温泉を訪れたことがある、伊藤左千夫与謝野晶子などの歌人が詠んだ、浅間温泉にゆかりのある短歌が彫られている。
    • 電灯部分には工芸家の手作りのガラスが使われている。
 浅間温泉たいまつ祭り 2012 (作成中) *
浅間温泉に関する記事浅間温泉の記事
ビデオ映像あり動画
公式HP
浅間温泉旅館協同組合
歳時記
  • 朝市:毎週日曜7:00AM-11:00AM
  • -----6月末:ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース(浅間温泉スタート)
  • ------7/2-9:七夕祭り
  • ---------10/3:たいまつ祭り
  • ----------11/6・7:そば祭り

写真2:「湯けむり公園」

写真3:松本市の入浴施設「ホットプラザ浅間」

写真4:「ホットプラザ浅間」前の飲泉所

写真13:浅間温泉の背後にある大正山の中腹から。

写真12:すずらん通りの行灯形街灯

写真11:中央通り

写真10:湯坂通り

写真5:「ホットプラザ浅間」前の無料足湯

写真7:すずらん通り (360度) >>拡大

写真9

写真8:すずらん通り

写真7

写真13

写真11

写真10

写真6

写真3

写真2

写真1

Top|日本|長野県|松本市|旧・松本市域