Top|日本|東京都|葛飾区

写真4

柴又
柴又帝釈天

しばまたたいしゃくてん
山本亭
寅さん記念館
東京都葛飾区柴又4,6,7丁目
グーグルアース座標(柴又帝釈天)=N35 45 30.21 E139 52 41.37
(柴又駅)=N35 45 23.77 E139 52 31.57
地図地図
撮影日:2004/6/16
写真1:柴又帝釈天「帝釈堂」
概要
  • 観光地としての柴又は、「柴又帝釈天」とその参道の商店街、千葉県松戸市に渡る江戸川の「矢切の渡し」などを含む地域。
  • 柴又帝釈天
    • 正式名称・経栄山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)
    • 創建は江戸時代の初期。
    • 柴又駅から柴又の商店街が参道。
  • 男はつらいよ
    • 柴又界隈は映画「男はつらいよ」の舞台となったことで有名。
      • 渥美清が演じる「フーテンの寅さん」。
      • 映画は1969年(昭和44)から1995年(平成7)まで48作が作られた。
      • 1996年(平成8)、渥美清が亡くなったことによりシリーズは終了した。
      • 死後、国民栄誉賞が贈られた。
  • 葛飾柴又寅さん記念館
    • A棟は映画「男はつらいよ」の世界を再現した葛飾区の施設。
      • 1997(平成9)年オープン、2009(平成21)年12月にリニューアル。
    • B棟は江戸川堤などのサイクリングロードのためのレンタルサイクルがあるサイクルセンター。
  • 参道商店街の興隆:
    • 「男はつらいよ」のヒットにより、静かだった参道商店街は隆盛を迎える。
    • しかし、映画の舞台になったのは偶然で、山田洋次監督のイメージと合致したためだからという。
    • そのため、シリーズの終了と共に客足は遠のき始め、現在、賑わいの復活に奮闘しているという。(2007時点)
  • 山本亭
    • カメラ部品メーカー創立者、故山本栄之助氏の浅草(台東区)にあった自宅を1923(大正12)年の関東大震災の被害により移転してきたもの。
    • 1930(昭和5)年まで増改築を重ね、1988(昭和63)年まで山本家4代が居住。
    • その後葛飾区が保存し、1991(平成3)年に公開された。
      • 「柴又帝釈天」から「寅さん記念館」に行くときは、ここの庭園を近道として行くことができる。
  • 柴又帝釈天
    • 邃渓園・彫刻ギャラリー
    • 拝観料:\400
  • 山本亭
    • 開館時間:9:00AM-5:00PM
    • 入館料:\100
      • 寅さん記念館セット券\550
  • 葛飾柴又寅さん記念館
    • 開館時間:9:00AM-5:00PM
    • 休館日:毎月第3火曜・12月第3水・木曜
    • 入館料:\500
      • 山本亭セット券\550
ビデオ映像あり葛飾柴又-t
公式HP
葛飾柴又(柴又神明会・葛飾区観光協会)
葛飾観光ポータル(葛飾区観光施設活性化共同企業体)
柴又帝釈天

写真5:和菓子屋「とらや」

■東京都葛飾区柴又の情報、地図、概要

■柴又駅スタンプ

写真3

■参道商店街

写真2

Top|日本|東京都|葛飾区

写真13

写真12

写真11

写真9

写真7

写真5

写真4

写真3

写真2

写真15

丘に建っている建物

寅さんのかばん

写真14:吹き抜けの広場

写真13:「寅さん記念館」正門

写真12:柴又公園から >>拡大

■柴又公園・寅さん記念館

写真11:「山本亭」の出口から見た柴又公園

山本亭

写真10:手前に人力車、奥にショウブ?の屏風

写真9:入口

人力車

■柴又帝釈天

写真8:「大鐘堂」

写真7:「二天門」

写真6