マダガスカル共和国 Madagascar
グーグルアース座標(首都アンタナナリボ)=S18 54 53.59 E47 31 53.79
地図地図
  • アフリカ大陸南東沖、インド洋西部にある共和国
  • 総面積
    • 58万7041km2
  • 人口
    •  1859万5469人(2006年推計)
  • 首都
    • アンタナナリボ
      • 国内最大の都市。
  • 公用語
    • マレー語、インドネシア語から派生したマラガシ語、フランス語。
  • 宗教
  • 地形
    • 世界第4の大島であるマダガスカル島といくつかの小島からなる。
    • モザンビーク海峡によってアフリカ南東岸と隔てられてており、独特の動植物相がみられる。
    • マダガスカル島は南北約1500km、最大東西幅600kmを有する大きな島であり、海岸線の長さは4828kmで、同島のインド洋側には約1100kmにおよぶ直線状の海岸線がみられる。
    • 島の大部分を中央高地が占め、その一部は火山活動でできた地形。
    • 北部のマロモコトロ山は標高2876m、首都アンタナナリボ近くにそびえるアンカラチ山地は最高点2643m。
    • 東側は急斜面となってインド洋沿岸の狭い平野へ、西側はモザンビーク海峡沿岸のやや広い平野へと続く。
    • 沿岸地域や中央高地の渓谷には肥沃な土壌が広がる。
  • 独特な自然
    • 生物の宝庫であるマダガスカルには、世界の動植物種の5%が生息する。
    • 何千種にも及ぶ植物の約80%と、哺乳類、両生類、爬虫類の90%以上、鳥類の50%以上がマダガスカルの固有種
    • 世界中に生息するカメレオンの種のほぼ半数、キツネザルのほとんどの種がマダガスカルに生息。
    • 何万種にも及ぶ昆虫や無脊椎動物については、まだ完全な調査がなされていない。
    • 専門家によれば、マダガスカル固有の動植物種は15万種にものぼるという。
    • 森林伐採や、原野への人の侵入などにより、2004(平成16)年には530種の動物が絶滅の危機にある生物とされ、すでに絶滅した動物も多い。
  • 1896(明治29)年にフランスに併合されたが、1960(昭和35)年に独立。
  • マダガスカルはかつて全島が森林で覆われていたが、人々がをとったり焼き畑を行ったため、今では全島の8%しか残っていないという。
    • TBS「世界遺産」より(2011/9/25)
関連
関連HP
外務省
・・・マダガスカル共和国
駐日マダガスカル大使館
マダガスカル航空
映画「マダガスカル2」
2010.03.23

My Dictionary