Top|日本|東京都|世田谷区

■東京都世田谷区向井潤吉アトリエ館の情報、地図、概要

写真2

写真2

Top|日本|東京都|世田谷区

写真10:お茶が飲める

写真9

写真6

写真5 >>拡大

写真3

写真8

写真7

写真4

向井潤吉アトリエ館
東京都世田谷区弦巻(つるまき)2丁目
グーグルアース座標=N35 38 8.22 E139 39 20.56
地図地図
撮影日:2010/12/15
写真1
概要
  • 日本の民家や風景を描いた洋画家の向井潤吉が、1933(昭和8)年から約半世紀に渡って創作活動を続けたアトリエ兼住居で、世田谷区に寄贈されたもの。
  • 弦巻と潤吉
    • この地の地名、弦巻(つるまき)は、初代の世田谷城主と伝えられる吉良治家(はるいえ)の、1376(永和2)年(室町時代前期)の書状に初見されるという。
    • 弦巻に向井潤吉が移り住んだ頃は、水田や沼地を三方に見渡す眺めのよい高台で、武蔵野の面影を残した自然があったが、戦後の急激な宅地化で、現在ではアトリエ館と、隣接する駒沢中学校の敷地内にのみ残るという。
  • 開館時間:10:00AM-6:00PM
  • 休館日:月、年末年始
  • 入館料:\200
ビデオ映像あり動画
公式HP
向井潤吉アトリエ館