写真2:入り口の鳥居

写真4

写真5

写真3

写真2

写真1

写真11

Top|日本|東京都|国立市

写真10:厳島神社の弁天池

写真9:「常磐の清水」(ときわのしみず)

Top|日本|東京都|国立市

写真3:参道を歩き回るニワトリ

動画

ビデオ映像あり

写真4

■東京都国立市谷保天満宮の情報、地図、概要

谷保天満宮
てんまんぐう
東京都国立市谷保(や)
グーグルアース座標=N35 40 48.66 E139 26 37.18
地図地図
撮影日:2008/9/23 P5〜8=9/28
写真1
概要
  • 東日本の天満宮としては最も古く、関東三天神の一つとされる。
    • 野暮天(やぼてん)(大変やぼなこと)」の語源になったという説がある。
      • これは江戸時代の狂歌師の大田蜀山人が「野暮」と「谷保」をかけた歌を詠んだことからできたといわれるが、「野暮」という言葉はそれ以前からあったとも言われているらしい。
    • 境内にある「常磐の清水」(ときわのしみず)が、東京名湧水57選に選ばれている。
    • 1908(明治41)年8月1日、有栖川宮威仁親王(ありすがわのみやたけひとしんのう)と政財界の名士らが国産初のガソリン車などで、都心から多摩地域への「遠乗会」(とおのりかい)を行ない、途中、谷保天満宮の梅林で昼食会が行われた。
      • 車実用化の先駆けとなったこの催しを記念して、100年後の2008年(平成20)の同日、記念の昼食会が同じ梅園で行われた。
      • 梅園内に「有栖川の宮碑」がある。
    • 谷保天満宮は「やぼ」、地名は「やほ」
      • 地名の谷保も元々「やぼ」だったが谷保駅ができたとき「やほえき」としたため、地名も「やほ」と呼ばれるようになったという。
例祭*動画あり
谷保天満宮に関する記事谷保天満宮の記事
公式HP
谷保天満宮
歳時記
  • --3上:梅
  • -----6下:あじさい
  • --------9下:谷保天満宮例大祭
  • ----------11/3:おかがら火(火祭り)

写真11:厳島神社の弁天池 >>拡大

写真8

写真7

写真6:梅園内の「山口瞳先生文学碑」

写真5:梅園