桑都 そうと
  • 八王子は、明治時代には絹織物の生産が始まり、絹糸の集散地となる。
    • 現在は衰退傾向にあるが、ネクタイは日本でトップクラスの生産高である。
  • 養蚕も盛んだったため、八王子は桑都と呼ばれた。
    • 絹の糸を出すの餌がの葉。
    • 江戸時代の文化・文政期(1804〜1829)の文人で八王子千人同心の一人でもあった塩野適斎の『桑都日記』で知られるようになった。
  • 八王子市内では「桑都」の名を冠した会社名が多く存在する。
  • 八王子市内の有限会社小澤酒造場が日本酒「桑乃都」を製造販売している。
2009.11.27

My Dictionary