Top|日本|東京都|千代田区

Top|日本|東京都|千代田区

写真2

写真10:大井川(静岡県)を人を乗せて渡った「輦台(れんだい)

交通博物館
TRANSPORTATION MUSEUM
閉館
(2007年10月、埼玉県さいたま市で鉄道博物館としてオープン)
千代田区神田須田町(かんだすだちょう)1丁目
撮影日:2005/9/1
写真1:マレー式機関車(左)とC57型機関車(右)

  • マレー式機関車:フランスのマレーが考案した。大正時代に勾配区間で貨物列車用に使われた。
  • C57型:1940年(昭和15)に製造され、1975年(昭和50)を最後に旅客列車を引いていた。
概要
  • 1921年(大正10)に鉄道開業50周年記念で東京駅の高架下に鉄道博物館として開館した。
  • 1936年(昭和11)に現在の場所に移り、交通博物館に改称し、交通全般について扱うようになった。
  • 2006年(平成18)5月閉館。
    • 2007年(平成19)10月に埼玉県さいたま市大宮区で鉄道博物館としてオープンした。

写真9:弁慶号機関車

写真8:ボーイング747型旅客機のタイヤ

写真6:上にベル47D型ヘリコプター

写真7:フランクリン・セダン

写真5

写真4:1号機関車(重要文化財)

写真3:模型鉄道パノラマ運転場

写真2:建物外観

■東京都千代田区交通博物館の情報、地図、概要

■チケット