Top|日本|東京都|小金井市

Top|日本|東京都|小金井市

浴恩館公園
よくおんかんこうえん
東京都小金井市緑町(ちょう)3丁目
グーグルアース座標(小金井市文化財センター)=N35 42 36.46 E139 31 1.24
地図地図
撮影日:2005/8/7
写真1:小金井市文化財センター(旧浴恩館)
概要
  • 今は小金井市文化財センターとして使われている建物は「浴恩館」と呼ばれ、1928年(昭和3)に京都御所で行われた御大典で使われた建物を「日本青年館」が譲り受け移築したもの。
  • 浴恩館で青年団のリーダーを養成するために、後に小説「次郎物語」で有名になる下村湖人を所長として招かれる。
    • 次郎物語
      • 1941(昭和16)〜1954(昭和29)にかけて刊行された、5部からなる、主人公の次郎が幼少から青年となるまでの成長の物語。
  • そばに建つ「空林荘」は、講師の宿舎として使われ、また下村湖人が「次郎物語」の構想を練った。
    • 「次郎物語」の第5部は、湖人の浴恩館での実際の教育の実践に基づいて書かれている。
    • 空林荘は2013(平成25)年2月23日夜、全焼した。
  • 4月末から5月中旬には大正時代の末に植えられたツツジが咲くようだ。
浴恩館に関する記事浴恩館の記事

■駅から地図(約1.4km徒歩20分)

■浴恩館公園

写真6

写真5

写真3

写真2

写真1

写真6 >>拡大

写真5 >>拡大

写真4:文化財センター内の展示室

写真3:稗倉(ひえぐら)

写真2:空林荘

■東京都小金井市浴恩館公園文化財センターの情報、地図、概要