Top|日本|長野県|大町市

仁科神明宮
にしなしんめいぐう

(拝殿、釣屋、本殿)
長野県大町市社(やしろ)宮本
グーグルアース座標=N36 26 59.67 E137 52 44.96
地図地図
撮影日:P13,14=2005/6/1 他=11/1/19
写真1
概要
  • 神社が造られたのはいつ頃かはっきりしていないが、900年前の平安時代中頃と考えられている。
  • 手前の門である神門、その奥に拝殿があり、拝殿の奥に中門、一番奥に本殿が、拝殿と本殿を結ぶ釣屋があるが、拝殿、釣屋、本殿が最古の神明造りを遺しているということで国宝に指定されている。
  • 2012(平成24)年8月28日、社務所の畳を焼く放火事件発生。
    • 市内の消防団員の男(22)が逮捕された。
    • 男は公民館、住宅にも放火していた。
ビデオ映像あり動画
公式HP
仁科神明宮

写真12:有明山(安曇野市)

写真11:旧御神木

■記念スタンプ

写真9

Top|日本|長野県|大町市

写真1

写真14:初夏の神明宮

写真13:初夏の神明宮

写真8:社殿の左横 >>拡大

写真7

写真6 >>拡大

■長野県大町市仁科神明宮の情報、地図、概要

写真2:参道

写真3:写真2方向を見る

写真5

写真4:手水舎

写真9:社殿を左横方向(西側)から見る

写真10:社殿を右横方向(東側)から見る