白線流し はくせんながし
  • 岐阜県立斐太(ひだ)高等学校(岐阜県高山市)で行われている卒業式の伝統行事、または、これをヒントに製作されたフジテレビのドラマ。
  • 斐太高等学校の白線流し
    • 旧制中学以来の伝統行事で、卒業式の日に卒業生たちが男子の学生帽の白線と女子のセーラー服のスカーフを一本に結びつけて、学校前の大八賀川に流す。
  • テレビドラマ「白線流し」
    • ドラマ放映の4年前の1992(平成4)年、白線流しと生徒達を追ったドキュメンタリー番組「別離(わかれ)の歌〜飛騨高山の早春賦・『白線ながし』〜」が放送された。
    • この白線流しをヒントに企画されたドラマが1996(平成8)年、「白線流し」として放送された。
      • 舞台は長野県松本市に置き替えられた。
      • 主な出演者は、長瀬智也(TOKIO)、酒井美紀、京野ことみ(当時それぞれ17歳)。
      • この時は視聴率が振るわなかったが、放送終了後に人気が高まり、1997(平成9)年〜2005(平成17)年までに5回、単発のスペシャルドラマが放送された。
    • 当時、ロケ地巡りを行う人も多くいた。
  • 参考:Wikipedia
関連HP
斐太高等学校の白線流し
白線流し 〜夢見る頃を過ぎても (ドラマ)
白線流しリンク集(個人)
主題歌:スピッツ「空も飛べるはず」・・・試聴(8番目)YouTube
■舞台の一つ、薄川(長野県松本市) ビデオ映像あり動画

2011/5/24
■舞台の一つ、深志神社(長野県松本市) ビデオ映像あり動画

2010/10/11
2011.08.08

My Dictionary