My Dictionary フレーズ  
       
         
       
         
     おもしろうてやがて悲しき鵜舟(うぶね)(かな)    松尾芭蕉
         
       
         
   門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし    一休
         
       
         
     祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり  平家物語  
     君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつつ    光孝天皇
         
       
         
     国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。  雪国  川端康成
         
       
         
       
         
     善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや  歎異抄(たんにしょう)  
         
       
         
     春の海終日(ひねもす)のたりのたり哉(かな)    与謝蕪村
         
       
         
       
         
     降る雪や 明治は遠く なりにけり  『長子』所収  中村草田男
         
       
         
       
         
     ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず  方丈記  鴨長明